PLDDで椎間板ヘルニアを改善しよう│腰痛撃退治療法

悩み

今注目の失敗ゼロの手術

医者

PLDD手術とは、椎間板ヘルニアを治すための手術法であります。椎間板ヘルニアは、腰の中で椎間板が突出したものでありかなりの痛みがあるので、PLDD手術によって治しますと、即日に退院でき、また出血もしないという、素晴らしい手術になります。

Read More...

椎間板ヘルニアの最新治療

悩み

椎間板ヘルニアの治療に用いられるPLDDは、腰椎に細いレーザーファイバーを刺し、椎間板を蒸発させる手術方法です。従来の手術より圧倒的に短時間で終わり、肉体への負担が軽く傷跡も残らないのがメリットです。

Read More...

ヘルニアの治療方法と今後

腰痛がひどい。でも手術は怖いという場合はPLDDが効果的です。切らずにレーザーで治療を行なうことができます。

突然発作が起きた!浦安で夜間診療をするなら、こちらのクリニックで。万が一の時に強い味方がここにはいます!

椎間板ヘルニアと治療

病棟

椎間板ヘルニアとは、背骨の椎骨同士を繋ぐ役割を担っている軟骨が変形し、通常とは違う方向に飛び出してしまう症状を言い、飛び出した軟骨が神経を圧迫し、痛みが発生します。主な症状としては、腰や脚の痛みやしびれですが、椎間板ヘルニア以外でもこれらの症状が見られる病気はあるため、しばらく様子を見ても改善が見られないようであれば病院で診察を受け、医師の判断を仰ぎましょう。治療方法は保存治療が一般的ですが、最近ではPLDDと呼ばれるレーザーを用いた治療法が開発され、治療期間も短く、今後主流となる可能性が高い治療方法と言えます。治療が完了した直後は安静が必要ですが、PLDDは治療後の回復が早いのが特徴です。痛みがひいた後は適度な運動が重要なので、医師と相談した上で、効果的なリハビリを心がけましょう。

一般的な治療方法との違い

椎間板ヘルニアは時間の経過により痛みが治まる可能性が高い病気なので基本的には治療薬や痛み止めの服用と並行して、保存療法で経過を見ることが一般的です。しかし、痛みが強い場合が多く、数ヶ月痛みに耐えなければならないということも少なくありません。このため、回復の早い手術治療を選択する方も多いのですが、メスをいれることに抵抗を持つ患者や医師が多いことも事実であり、双方にとって悩みの種でした。一方、PLDDは術後の回復は平均で1から2日と言われており、一般的な手術療法より早いと言われています。また、手術の傷も針の穴程度しかつかないので、傷跡が気になる方も安心して利用することができます。現在は保険適用はできませんが、今後適用されれば、PLDDが主流な治療法となる可能性は高いと言えます。

がんの治療などにも応用されているのが免疫療法です。自分の免疫細胞でがん細胞を退治するので、体にも負担がかかりません。

ヘルニア治療なら

医者

PLDDとは椎間板ヘルニアの治療法の一種であり、ヘルニアの原因となっている部位をレーザーで焼いて蒸発させてしまう治療法です。ですが、これを利用する際には注意点があり、保険適用外であるので治療費は全額自己負担となってしまいます。

Read More...